トップ  > 事例紹介

事例紹介

  • <<前へ
  • [ 7件中 1件~7件を表示 ]
  • 次へ>>

広告宣伝のための賞金

広告宣伝のための賞金 個人に対し、広告宣伝のための賞金を支払う場合は、所得税等を源泉徴収しなければなりません。 (源泉徴収とは、給与や報酬を支払う祭に、支払う側が支払う金額から税金を差し引きして、国に納付することです) 広告宣伝のための賞金とは、事業を営む個人や法人が、製品や事業の内容を広告宣伝するための賞金...

詳細を見る>>

飲食代の経理

飲食代の経理 会社の経費で飲食した場合の経理上の科目は、交際費・福利厚生費・会議費の主に三つの科目が考えられます。 法人税の計算をする上では、交際費等の額は原則損金不算入ですが、資本金1億円以下の法人(一定の法人の子会社等は除く)については、年800万円まで損金算入を認める措置が設けられています。 また、資本...

詳細を見る>>

旅費規程をつくる

旅費規程をつくる意味 旅費規程とは、会社内のルールを定めた社内規程の一つで出張旅費規定とも呼ばれます。 旅費規程を定めることによって、「通常必要と認められる」範囲内であれば、旅費や宿泊費を定額方式で支給しても給与課税されないこととなり、出張の際の実費分だけを厳格に精算するという手間を省くことができます。 また...

詳細を見る>>

社宅の利用と住宅手当

社宅の利用と住宅手当 企業が福利厚生の一環として、従業員に社宅を提供する場合や住宅手当を支給する場合があります。 社宅とは会社が用意した住宅のことで、会社が建物を所有している場合や、賃貸マンション等を会社が借り上げている場合があり、その住宅を比較的安い賃料で従業員に貸しているものです。 住宅手当とは、従業員が...

詳細を見る>>

共済制度を使った節税

共済制度を使った節税 「将来に影響を及ぼす」節税行為のなかで、最も使い勝手がいいものの例として「経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)」があります。 (注:「将来に影響を及ぼす」とは、前回のブログを参照) 保険制度を使った節税は、典型的な「課税の繰り延べ」なので、経営者の好みもありますが、最もローリスクな...

詳細を見る>>

事業を開始する場合

事業を開始する場合 個人で新しく事業を始める場合は、その業種に応じた行政手続き(区役所や保健所などの手続き)がそれぞれ必要ですが、共通して必要な手続きのひとつに税務署に対する手続きがあります。 皆さんご存知の「確定申告」 確定申告とは、その年の利益(所得、課税標準)を計算し、それに対する税額を算出(申告)して...

詳細を見る>>

準備中

しばらくお待ちください。

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 7件中 1件~7件を表示 ]
  • 次へ>>

梶原光規税理士事務所

〒 810-0042

福岡県福岡市中央区赤坂1丁目2番1号シャンボール赤坂906号

TEL:092-713-1547

FAX:092-713-1547